人気ブログランキング |

【Nippon KogaKu ToKyo】

e0224570_17454168.jpg

懐古レンズを!!!GET!!!☆
魅力いっぱいの超ガラクタ的デザイン^^

〈 Nippon-KogaKu ToKyo NIKKOR-Q・O 5㎝/F3.5 〉
Lマウント 1946年(昭和21年)頃の発売


このレンズはたぶん終戦後すぐの1946~47年位に発売された
「Nicca」というカメラについていたものだと思います。
ライツのエルマーを真似したデザインで、光学系は3群4枚のテッサータイプのようです。
沈胴式なので使わない時は引っ込めてボディの中に仕舞うことができます。





e0224570_17455498.jpg

珍しいのはこのレンズの銘が、「Q・C」ではなくて「Q・O」だというところ。
ネットで調べてみても、同デザインのほとんどのものは「Q・C」となっていて、
「Q・O」の詳しいことはよくわかりませんでした。

「Nikkor-Q・C 5㎝/F3.5 沈胴鏡胴 」の方は終戦後すぐの頃、
日本光学(現ニコン)が自社のカメラを発売するよりも以前に、
精機光学(現キヤノン)とニッポンカメラ(Nicca)に提供していたレンズで、
キヤノン用のJマウントレンズやニッカ用のLマウントレンズなどがあったらしいです。

レンズの刻印のKogakuの後は、JapanではなくTokyoになっていて、
初期のものにはNipponとKogakuの間にハイフンが入り、
シリアル№が5xxxxxから始っているのだとか。(7xxxxxの方が新しい?)

Qはガラスが4枚構成という意味でCはコーティングという意味。
じゃあ“O”って何??? 
もしかしたら、この時代のNiccaには占領下を表す"Made in occupied Japan" の
文字があったそうなのでオキュパイドの“O”だったりして…
また、「Q・O」の銘でニコンが2番目に発売したM型というカメラに
ついているものもあるようです。
詳しい方がいらっしゃいましたら何の“O”なのか教えてください!


下記のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました!(敬称略)

Nikomat-ML 「Nikkor-Q.C 5cm F3.5 : ニコン登場前のニッコール」

阿房列車ピクトリアル「Lマウント沈胴のNIKKOR-QC 1:3.5 f=5cm とHexar1:3.5 f=50mm 」

Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report

ニッコール千夜一夜物語 「第四十三夜」







e0224570_17461117.jpg
バルナック爺につけるとこんな感じ。
ちゃんと写るかなぁ~



作例




e0224570_15013154.jpg
e0224570_15012516.jpg
雨梅。問題なくよく写ります!
(使用フィルム KODAK Color Plus 200
キタムラで現像 補正・加工なし リサイズのみ)





e0224570_17463012.jpg

アダプターを使ってD600に装着!!
ここまでくるともうカッコいいのかダサイのか自分でもよくわからない^^



作例

e0224570_17464735.jpg

やっぱりニッコールはシャープです!
フランジバックが長いので無限遠はX、マクロ撮影のみ可能です。

(露出補正とリサイズのみ)




e0224570_17481957.jpg

こんなに加工ったらもう何のレンズでも同じ気もする…
(加工あり)




e0224570_17485180.jpg

去年買ったUFOレンズとならべてみる至福のひと時。
JapanロゴもいいけれどToKyoロゴも捨てがたい。。。





e0224570_1749242.jpg

骨董ニッコール素敵すぎ。
ニコンからフルサイズのミラーレスが出るかも?らしいので、ちょっと楽しみ。
ミラーレスなら昔のS型みたいなデザインにしてほしい!
「N」の頭文字が曲がっていたら最高☆   高すぎたら買えないけれど・・・


by randomharvest | 2015-02-27 22:31 | カメラ&レンズ


<< 【UMEDAYS 3】 【巣立ち】 >>